「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/01/16 (Mon) なんたること?

昨年4月に給与担当者が異動になり、ずっと空席だったところへやっと10月、中途採用で後任が入ってきた。
その人はとてもいい人でみんな喜んでいた。

呪いは解けたか!?と……。

ああ、それなのに……(泣)
その彼が腰を悪くしてしまい、とうとう1ヶ月休むことに。
年末調整の忙しい時期で何とか無理して出てきたけど、ついに我慢の限界がきたみたい。
何とか療養して元気になって欲しい。
転職して心機一転がんばろうとしていた矢先の入院やし、本人も辛いやろな。

1月末にはまた1人退職する……。

はぁ……。こんな状況がもうかれこれ、3?4年続いている。何が悪いんやろう。
冗談で、「厄年や」「お払いせなあかん」などと言ってたけど、何かこうも人が辞めたり、来るべき人が来なかったり、来た人が病気になったりといった不運が続くと、何かあるんちゃうか?? と勘ぐりたくもなる。

みんな疲れきっている。
我が職場は年明け早々非常事態に突入ですわ。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2006/01/09 (Mon) モーツァルト・ブーム

今、モーツァルトブームが起こっているらしい。
というのも、今年で生誕250周年を迎えるからとかで、昨年頃からモーツァルトのCDがかなり売れているそうだ。
明るく軽やかな曲調は、クラシックが好きでなくとも心惹かれるものがあるね。

今日のNHK「クローズアップ現代」でもモーツァルトが取り上げられていた。
ノーベル賞科学者の小柴氏が大のモーツァルト好きなんだそうで、インタビューされていた。。
その中で面白かったのは、「モーツァルトの音楽は世界中でどれ程の人を喜ばせ幸せにしたか分からない。科学者がいくら大きな発見をしても、そこまで多くの人を喜ばせることは出来ない。アインシュタインの相対性理論で人は幸せになれないけれど、音楽では幸せになれる。だから科学者は音楽家にはかなわない。」
一流の科学者は言うことも味わいがあるわ。

モーツァルトの音楽は、脳波をα波にするとか、免疫力を高めるなどと言われていてそれも人気の原因かも知れない。

薬剤師をしている友人にその話をしたところ、さすがに医療従事者だけに、モーツァルトの効用はすでに知っていて、知り合いのがん患者に家中のモーツァルトCDをあげたところ、今は元気に回復しているそうです。

ということで、ミーハーな私は、ブームに乗ってみようと思っとります^^

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2006/01/07 (Sat) 初春大歌舞伎

4日に大阪松竹座へ初春大歌舞伎(昼の部)を見に行ってきた。
掲示板にも書いたけど、とってもよかった。

演目は──、

源平布引滝 義賢最後(片岡愛之助、市川段治郎)
十六夜清心(片岡仁左衛門、坂東玉三郎)

愛之助さんはすっきりした二枚目で、以前から注目していた役者さん。
今回大きな役をもらって、仁左衛門さんの当たり役である義賢に挑戦していた。初役だそう。
これが目を見張る出来でホント感動だった。


十六夜清心は大阪で久々の仁ちゃん玉さまのコンビ。
心中しようとする二人の運命が二転三転していくのが面白かった。
しっとりと見せる心中の場面もいいけど、やっぱり悪党になってからが痛快やね。
玉さまは以前から「私は本当は3枚目の方が得意」と言ってるように、生き生きとワルを演じておられた。
また、気の弱い坊主の清心に、悪の心が芽生えるシーンは、びっくりするくらいの変わりようで、その目力はクラクラするほどカッコよかった。さすがに色悪で一世を風靡しただけのことはあるわ。

3芝居・コンサート | trackback(0) | comment(0) |


2006/01/07 (Sat) 2006年飲んだくれな幕開け?

一年の計は元旦にありというけれど、元旦は飲んで食べてで終わってしまった。とほほほほ。

今年はもう少し計画性を持って、整理整頓、時間を大切にしようと、すでに高く上った初日の出に誓いました(笑)

まあ、ぼちぼちといきますわ。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。