「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2001/11/23 (Fri) DoCoMoマジカルBOXプレゼント!! 米米CLUBから石井竜也へ 「一夜限りの伝説ライブ」 2001.11.23 マリンメッセ福岡 <レポート①>

会場へ入る。
後ろから入ると、後方の座席がやぐらが組まれたように高い段の上にセッティングされている。
懐かしい、アリーナの雰囲気……

わたし達の席はGブロック。スタンド席の中央からやや下手に回ったところ。
この日はごまさまのラキチケで参加できた私でした。
前方には、一列にライトが並んでいて、そこから斜め上、客席へ向って光が放射されている。
まるで光のカーテン。
さては、あの向こうがステージか……
やがて光の隙間から中を見ることができた。
開演前はほのかに上に浮かぶオーケストラの場所が見えていて、──
さらにその上に羽のようなオブジェがうっすらと見える。
おそらくそこから下へ階段が伸びているのだろうなぁ……
などと想像していたらまさにその通りだった(笑)。

マリンメッセにちなんでか、BGMは波の音。。。

やがて、オーケストラが入ってくるのが光の隙間から見える。

やがて始まるチューニング。いよいよだ。


LEGEND
遠くへ…
君がいるだけで



すると、ステージ上段からHALの司祭登場。
「本日はようこそ、NTTDoCoMo九州プレゼンツ、米米CLUBから石井竜也へ一夜限りの伝説ライブへ起こしくださいました。……」
まずはご挨拶。
でもコスップレチンキョはなし…(あたりまえか~:笑)
彼の語りも面白かった。……質実剛健、安全第一、無病息災……(笑)
このナレーションでまずは軽くカウンターパンチを食らったのでありました。
「最初は、映画『ACRI』から、LEGEND をお聞きください…」

静かに流れるオーケストラの音色。なんとも美しい。。。
そして時に会場を包み込む波のように盛り上がり、また静かに引いていく……
オーケストラの音色はなんとも奥深い感じ。
そこへ、マリーザのボイスが重なる。

ステージは上段にあるオーケストラの場所と、その下の本ステージに大きく分かれている。
ステージで一際目を引くのは、広いオーケストラ用のスペース。
巨大な白いバルコニーになっている。高さにして、人2人分くらいか。
壁面は半円のアールにくり抜かれた開口部。
それを覆い隠すように中央に階段があり、下の本ステージへ伸びている。
オーケストラ用バルコニーの上にも同じように白い壁、半円のアールを配し調和をとっている。

セットはすべて白。
全体が白い神殿のようにも見える。

ステージの上には大きな龍の顔のオブジェ。
それを中心にこうもりの翼のように白い布が広げられている ──。
さらにその上には月?地球?が──。なんとも美しいセットだ。

ごまぴんによれば、オーケストラに混じって、BHBもいた模様。
「金ちゃんがいるで」
と言われ慌てて双眼鏡を覗いた。……ピントが合ってきて、《ああ、ホントに金ちゃんだ。》
指揮者の正面に座っている。
金ちゃんとその横にいた金髪さんはオリタさんか?…(遠くてよくわからない)

心地よく旋律によっているとマリーザのボイスが、
「一夜かぎり伝説ライブ」の幕をあける。
「Open the door to the LEGEND ──」

暗がりの中、スルスルと誰か出てきたような感じ。
前の席がざわついている。
オケの中央に立つ黒い人影。さては……。
客席からは、すぐに「きゃーー」という歓声。(やっぱり:笑)
後でわっちゃんに聞くところによれば、
「どこからでも見て~」
って感じで、す~っと降りてきたらしい。
薄めのサングラス、黒っぽい、プリーツが縦に入ったワンピースのようなものを着て、その下には白い長袖のシャツっぽい。。。
ちょっとマタニティちっく。これ言葉で表現しにくい……(笑)。
するすると階段を下りてきたところで、<にっこーーー> と笑った。

注目の1曲目はなんと「遠くへ…」
《いきなりかい~~:笑》
まだ、じっくり聞く体勢が出来上がってなかったので、いきなりこんないい曲を持ってこられてちょっとビックリ。
できれば後の方にして欲しかったかな……。

紫色のバックに、緑のレーザー光が、ステージから客席へと伸びていく。
歌声はとても伸びやか。自らを抱きかかえるようにして歌っておられる。
歌いきったところで、ピっと姿勢を正してキメ。
やがて、伴奏にあわせて手をゆっくり上へ上げていき、それをゆるゆると揺れながら下ろしていく。
アリーナに合わせて動きも大きめって感じ。
再び伸びやかにリフレイン。
おじさまの思い出から、この曲も少しずつ一人立ちをしていっているかのようだった。。

再び、ステージから光のカーテンが放射され、下手から上手へと流れていく。
なかなか効果的な照明だ。

そして、「君がいるだけで」
やはりこの曲では会場が沸く。当然、これは選曲される必須曲。
アリーナは早くもみんな立って手拍子が沸き起こる。
オーケストラをバックに、晴れやかなアレンジ。歌い方、節回しも少し変わっていた。
笑顔のびゅーちーがこの席からも見える。
チョビさまレポによると、色めきたった客席に、「よしよし、うまいこと行ってるぞ」って感じの表情だったとか。
また、ある人は、照れたような笑いで歌っておられたとか。
なんだか分かるような気もして微笑ましい……。

この曲をどうしても好きになれないわたし。
双眼鏡で見ていたごまぴんいわく、
「石井さんが嬉しそうに歌っている」
というので、自分の中に何かこの曲に対する変化が起きないかと思いつつ聞いていた──。
結果は……
ま、そういう曲があってもええやろ……(苦笑)。

この曲では、オーケストラフィールドから、本舞台へ落ちる側面に紫色のライトでモザイク模様のようなピラミッドが映し出されている。
照明もなかなか凝っている。

MC。
「みなさまようこそ……」と、かしこまった感じ。
何となく鼻声。寝起きのような感じがしたけど、緊張のためかも。
「ドコモは九州で400万台も売れた」んだとか…。
「一夜限りの伝説のライブ。みんなで伝説を作っていきましょう。一緒にね。」
一緒にね…という言葉は、『みんな協力してくれよなぁ~』って感じにも取れた。
「オーケストラは、稲田靖と東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団のみなさま。」
と、オーケストラの紹介があって、──
ここで、オーケストラ団員起立。……(拍手が収まるのを待って)着席。

石井:「俺は育ちの悪いんで、こういう方々と一緒にできるというのは……(ちょっと言葉に詰まって、またもや、)オーケストラのみなさんに拍手~。」
またまた立ち上がるメンバーのみなさん。(笑)
《どうやら、狙ってはいないようだ……笑。》
気付いてわざと三度目やってくれるかな……と、期待したけど、それは無かった……(笑)

映画のサントラを演奏したのをきっかけに映画話をひとくさり。
はじめ120人くらいいたスタッフが自分の撮りが終ると次々に帰っていって
最後はエディターという、テープを編集する人の2人きりになるという。
石井:「……さみしいんだ、これが……。コンサートも同じ。
これだけのメンバーとスタッフが集まり、お客さんが来てくれても終ったらみんな帰っていくでしょ。
残されるのはオレひとり……」
《またまたぁ~、あなたの方がサッサと帰っていくでしょ~:笑》

「一部はバラード中心のシットリしたコンサート。二部は踊り倒して……」
と、ライブの構成について説明があり、セットについては
「この日のために作ったセットです。ほかではやりませんから……
とっくり目に焼き付けて帰ってください。」

まるで、テレビの収録を見ているみたいな、硬いMC。こんなの初めてだった。
終始、「デス」「マス」調だったし~(笑)
相当緊張されているような感じ。
もしかしたら、オーケストラとの共演ということで意識的にかしこまったのか……。
第二部とのメリハリもあったのかも。
まあ、そういうことにして置こう(笑)。

スポンサーサイト

4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


2001/11/23 (Fri) DoCoMoマジカルBOXプレゼント!! 米米CLUBから石井竜也へ 「一夜限りの伝説ライブ」 2001.11.23 マリンメッセ福岡 <Set List>

<第1部>
LEGEND
遠くへ…
君がいるだけで

MC


手紙
NOSTALGIA

ドラゴン・ハート


<第2部>
OH! MY ANGEL
FOXY
TRAUMA

MC

浪漫飛行
GOLDEN FISH & SILVER FOX
HI TENSION LOVE
BOOGIE DEEP IN LOVE
Shake Hip! ~Hip Shake
壮絶夜酒舞家

<ENCORE>
TIME STOP
愛してる

4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


2001/11/10 (Sat) 播磨野の秋

父の入院している病院へ着替えを持って行く途中、ちょっとした田んぼ道に差し掛かる。歩いて10分ほどの距離。散歩にはちょっと短いけれど、田んぼのある裏道を通っていくのでいい気分転換になる。

空は高く、空気は澄みきって気持ちがいい。
畦道のたんぽぽの綿毛。
穂が開いたすすき。
落穂をついばむ鳥の群れ。

ふと、わたしの心は、200年前へタイムスリップしていく。戯曲「天守物語」の世界へ──。

ここで、鷹狩の播磨守ご一行に出会えたらなぁ──。
更には白い午後の月がでていたら舞台としては言うことがない。

私が住む町は神戸(摂津の国)よりどちらかというと姫路(播磨の国)に近い。
播州平野の真っ只中でまさに播磨守のご領地なのです。
姫路といえば姫路城。この姫路城を舞台にした泉鏡花の有名な戯曲に「天守物語」があります。
坂東玉三郎が演じて絶賛されたこのお芝居。私が始めて玉三郎を見たのがこの「天守物語」ででした。
姫路城の天守に棲む「富姫」は人間ではない。
欲深い侍によっておとしめられ自害して果てた霊魂、妖精、妖怪といった類のもの。

遠山に紅葉いたした秋の日。
富姫は、「ふいと気ませに、野分のような出歩きを…」
それは、まさに今日のような日だったのだろう。
折しも、播磨国、姫路の富姫の元へ、同じ身の上の、仙台は猪苗代の亀姫が
秋空を駕籠で渡ってお遊びにやってくる。
しかし、城の周りの野辺では、播磨守が鷹狩に興じている──。

「空は高し、渡鳥、色鳥の鳴く音(ね)は嬉しいが、田畑と言わず駈回って、きゃっきゃと飛び騒ぐ、知行(ちぎょう)とりども人間の大声は騒がしい。まだ、それも鷹ばかりなら我慢もする。近頃は無作法な、弓矢、鉄砲で荒立つから、うるささもうるさしさ。……」

そんな中

空を渡ってくる亀姫に失礼のないようにと、富姫は、<夜叉ケ池のお雪>の力を借りて嵐を呼び鷹狩りの行列を追い散らしてしまう。
このときの描写が美しいこと限りない。

「── 私はね、群鷺ケ峰の山の端に、掛稲(かけいね)を楯にして、戻り道で、そっと立って視(なが)めていた。其処には昼の月があって、雁金のようにその袖に影が映った。影が、結んだ玉ずさのようにも見えた。── 夜叉ケ池のお雪様は、激しいなかにお床(ゆか)しい、野は黒雲、尾上は瑠璃、皆、あの方のお計らい。──」
そして、その夜、富姫は人間の鷹匠と恋に落ちるのだが……。

病院に着くまでの数分間。それは私にとって、ちょっとした贅沢な時間だった。


1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。