「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2001/01/02 (Tue) 石井竜也プロデュース 子クジラ誕生 オープニングセレモニー <レポート>

21世紀の幕が開いた。そして幕開けは、やっぱり石井さんだった(笑)
去る1998年大阪は梅田のど真ん中にできたHEP FIVE。
ビルの屋上に観覧車を配したことでも話題になったが、石井竜也プロデュースにより誕生したオブジェも大阪人の度肝を抜いた。それは、エンタランスを泳ぐ真っ赤な巨大クジラだ。
すっかり大阪の名所になった感があるが、21世紀の幕開けとなるこの新春に、めでたく赤ちゃんが誕生した!

セレモニーは、HEP FIVE のエンタランスで行われた。
丸椅子がざっと200席ほどクジラの真下に並べられている。紺、青、白の3色の風船が入ったネットがクジラを隠していてよく見えないが、隙間を覗きこむと、母クジラのやや後ろに、小さい赤ちゃんらしき影が見えるぞ。


先着順で入場した人から順番に椅子に腰掛けていき、セレモニーの開始を待つ。
待つこと、十数分。司会の女性の紹介で石井さんが姿を見せた。
「今世紀初」のお姿は、黒っぽいスーツに薄い色のサングラスだ。
「あけましておめでとう!」とまずは新年のあいさつ。
旅の疲れも見せず、また朝早いというのに相変わらずの流暢な語り口──。

(記憶を辿っての記載のため、話の順序言い回しなどは正確ではありません。)

まず、「今のお気持ちは」と問われて、「自然分娩って感じですね」などと朝からの下ネタジョーク。
そして、21世紀という節目、また昨年はミレニアムという2つの節目を体験できたことは幸運だ。
子供の世代はもう次の世紀越えを体験できないかも知れないわけだから、貴重ですよね。
というようなことをおっしゃっていた。
子クジラについては、吊り下げられたところはまだ見たことがなかったとのことで、石井さんも楽しみにしている様子。
単に母親の縮小版を作るのではなく、子供なりの個性を出したかった。あまりリアル過ぎるとかわいさがなくなるので、母親に比べてつるんとしたかわいい形になっているとのこと。
早く見たいぞ~。

宝塚歌劇団の方が紹介されてステージへ。
テープカットならぬ、風船落とし(爆)のお手伝いをされるとのこと。
すかさず石井さん「僕も一人宝塚と言われているんです。」
"一人宝塚" 気に入ってるようだ。(笑)
ステージへ上がったその宝塚の方に対して丁寧に新年の挨拶をする石井さん。
まるで年賀状をそのまま読み上げたようで笑いが起こった(笑)。
「あけましておめでとうございます。今年が貴方にとってすばらしい年でありますように・・・・・」

そして、もう一人、会場からお手伝いの人を選ぶとのことで
「ハイ、ハイ、私も~」と、どどっと手が上がる。
石井さんに選ばれたのは晴れ着姿の女性。まるで用意されていたかのような展開だ(笑)。
私達が入場する前から席についてたし、多分予め手配されていたのだろう。
そして、ステージの3人の前に、スイッチの台が運ばれ(最初からあったかも)、いよいよその瞬間が!

ところが、石井さんが、「スイッチひとつだけなんですか?」と気をそらす。
司会者が戸惑ってるじゃないの(笑)。

というわけで、小さなひとつのスイッチを仲良く3人が押すという展開に。
会場からは羨望のため息が漏れた。

スイッチが押されると、赤ちゃんくじらを守っていた風船がゆっくりと下へ落ち、かわいい赤ちゃんが姿を現した!

このくじらは「マッコウクジラ」という種類だそうで、「マッコウクジラ、真っ赤クジラ」なんてベタなシャレを。
このときばかりはノリのいいことで定評のある“大阪ハニー”達も、司会者のフォローに応じることもなく、「ええぇ~」という冷たい反応(笑)。
これには笑った。

赤ちゃんクジラはつぶらな瞳をして、形はぷくっとした丸い形。
しきりに上を見上げて説明される石井さんが印象的。
クジラが誕生して2年。最初驚いても年数がたつと慣れてしまうので、母クジラを製作した当初から、それだけで完結するのではなく、向こう3、4年をかけて、何かストーリー性のある展開にしようと考えていたそう。

テーマは「愛と絆」

「21世紀という節目に赤ちゃんを誕生させることができてとても嬉しい」と、石井さんも嬉しそう。
エンタランスに流れる音楽も一新し、映画音楽のような雄大な感じの音楽が出来上がっていた。
クジラの映像を見てみると、子供連れのクジラは、1頭だけより雄大な感じがしたそうで、そのスケール感が音楽にも現われていた。

石井さんの説明によると、───

クジラ親子の映像を見ていると、子供はいろんなものに興味を持って、動き回り、親から離れると慌てて親のそばに戻ったりととても可愛らしい。
この赤ちゃんは、左に行こうとしたところが、お母さんがゆったりと反対方向へ行こうとしたので、慌ててついて行こうとしている形を現しているとのこと。
そういう説明を聞くと、尚更赤ちゃんがかわいく感じられる。
良く見ると体の向き、尻尾の角度など母親とは違っていてとても面白い。
ただ単に小さいクジラを付け足したのではなく、ストーリを考え、形を考え、こだわりを持って作られたことが良くわかる。

子供はどんな動物もかわいらしく出来ていて、それが武器になっている。
ということも言われてました。確かに。
親が面倒を見ずにはいられないようにかわいくなってるんですね。
自然の摂理はすごい。

また、子供は親を見て育っていくというけれど、親は子育てに一生懸命で、その為についつい自分が子供だったときのドキドキした気持ちを忘れがち。
このクジラの親子を見て、子供の頃の気持ちを取り戻すきっかけにして欲しい。
と言っていた。
とってもいい話で感動した。

イタリア帰りで恐らくとてもお疲れだと思うが、30分たっぷりと話してくれていい時間だった。


最後は風船を1つ手にとり、「これ、もらっていいですか?」
さらに、「みなさんよいお年を。」
「ええ?もう年は明けてるよ~。」と突っ込みの笑いの中、退場していかれた(笑)。
大阪キタのど真ん中にこんなプレゼントをありがと。

スポンサーサイト

4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。